MENU

志望動機は、自己アピールと企業へのアピールをバランスよく考えよう。

志望動機は、自己アピールと企業へのアピールをバランスよく考えよう。

転職活動において重要要素のひとつ、それは志望動機です。これまでの経験やスキルを生かせる職務経歴の強みと、応募企業だからこそキャリア目標が達成できるという企業への想いこの二つを説明する必要があります。しかしながら、意外とどちらか一方になってる人が多いように感じます。

「どうして当社を選んだのか?」という面接官の質問に答えられなければ、どんなスキルやキャリアがあってもあなたと同じようなスキルを持った人が複数応募してくるわけですから、やっぱりインパクトは弱いですよね。同業他社との差別化ができなければ、それじゃうちの会社じゃなくてもと思われかねません。

一方、応募企業に対して「どうしても貴社で働きたいんです。」とラブコールを示しても、あなたの経験やスキルなどが企業側の求めるものと同等、あるいはそれ以上でないと採用してもらう事は難しいですよね。

なので、「職務経歴を生かして自分をアピールすること」と「企業への想い」の両方がバランスよくないといけません。

多くの会社の面接官は、「(当社で)具体的に何がしたいのか?」「(当社で)何ができるのか?」「(当社に)入社したいと考える理由」などから、自分の会社の採用ニーズにマッチした人材を見つけたいと考えているそうですよ。

また、「職務経歴を生かして自分をアピールすること」「企業への想い」にライバルとの差をつけるためにしたいこと。それは、志望企業をその同業他社と比較したうえで、貴社がオンリーワンだと訴えることです。

そのような市場や顧客をターゲットにしているか、製品やサービスの価値、企業風土や人事の組織体系など、この辺りを並べて、自分でピンときたもの、同業他社になかったものをその企業のオンリーワンとして志望動機に結び付けてみてはどうでしょうか。

これができれば最終面接、役員クラスの面接官に「この人はうちのことをよく理解した上で応募しているんだな。」と思ってもらえます。ぜひ、参考にして頑張ってくださいね。

医師転職サイトおすすめ20社を比較 転職エージェント・非公開求人を解説

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる